×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

F式(のアホな)ロゴ

MDプリンタがなくても白デカールが作れる!!

オリジナルホワイトデカール製作法『F式WD』

〜導入編〜

 前置き抜きで、早速、必要な道具の説明から入りましょう。

◎必要なもの

 以下にあげる物が、『F式WD』に必要な道具、素材一式です。これらを新規にそろえるとなると結構きついですが、じつはそれでもMDプリンタの定価より安くついたりします。と言うか、使う道具は、全て『F式』で使ってるのと一緒だったりします(笑)。

 「これらを新規にそろえるとなると結構きつい」とは言っても、『F式』と比べて、必要な機材はこんなものです。MD-5500が税込み\52290(しかもまともに買うと割り引き無し)、『F式WD』だと、レーザープリンタで推奨モデルだと\20000切る値段、ラミネータが\4000〜5000(私の持っているのは\4980)。消耗品であるサプライ&素材の値段を抜きにしても、F式WDは結構安くつく方式だったりします(だと思います(笑))。まあ、『F式WD』は手作業で行うメソッド故、出来上がるモノの精度は「それなり」になってしまうのですが…。まあ、それはさておき、既に『F式』を導入しているのならば、それに使っている機材がそのまま使えるので、『F式WD』の導入もすんなり行えるでしょう。

 道具に続いて、必要なマテリアルを以下に説明します。

 これらも、基本的に、一つたりとも欠かすことが出来ません。唯一、スタンピングリーフの手配が面倒ですが、まあ、それも通販の手間、というだけです。

 次からは、いよいよ作成に入ります。

→次へ

←前へ

==戻る==